色々な種類の草刈機

広い面積に

山や土地を持っているけど、雑草が生えすぎて困っている…
そんな人から、農業に従事している人で、仕事に使いたい…
と言った思いから草刈機を検討するという人は少なくありません。

しかし草刈機は便利な反面非常に危険な道具です。
用途と場所に合った草刈機を選んで、使い方をしっかりと把握した上で使うことが重要視されます。
広い範囲を自分の手で草刈りをすることと比べると、草刈機の仕様は非常に楽ではありますが、いくら楽でも長時間使っていると、作業に対しての疲労感はやはり出てきてしまうものです。
楽だからと言って無理をせずに、適度に休憩をはさみながら作業をすることが大切です。
なので、油断せずに、取り扱いに注意するようにしましょう。
特に、ほんのちょっとの作業などであってもしっかりと草刈りに適した服装を心がけ、多少効率が下がろうとも安全性のために防護カバーをつけるようにしましょう。
また、保護メガネをしっかりかけること、長時間使う場合は耳栓なども使いたいところです。
ちょっとくらい大丈夫、という油断がヒヤリ・ハットを体験する原因になってしまうので、そういった体験をしなくても済むようしっかりと準備を整えて使うよう心がけましょう。

what's new

2013/01/25
ヒヤリ・ハットを更新
2013/01/25
乗用型を更新
2013/01/25
歩行型を更新
2013/01/25
ハンドル型を更新
2013/01/25
色々な種類の草刈機を更新
2013/01/25
ホームページリニューアル